>  > キャバ嬢へのお触り

キャバ嬢へのお触り

目の前に露出度高めの衣装に身を包んだ女の子がいたら、触ってみたくなるのが男の本能でしょう。それは否定しませんし、自分もそのような願望を持ったことは何度もあります。しかし、肩をちょっと触るとかくらいならほとんどの女の子でOKでしょうが、それ以上となるとかなり女の子に嫌な顔をされることは間違いありません。ただし、何度も使うことはできませんが、偶然を装ってお触りをしたことがあります。それは、ほとんどのキャバクラではお客さんがお手洗いに立つと、女の子が出入り口のところでおしぼりを持って待っていてくれるのですが、それを知らずに驚いた感じを出して、偶然に触ってしまうということを、極たまーにしています。かなり不自然にならない感じになるま時間がかかりましたが、今ではかなり自然にできていると自負しています。一度、天然で段差につまづいて抱きついたしまったことがあり、キャバ嬢にかなり驚かれました。でも、キャバ嬢の良い匂いがゼロ距離が楽しめたのは貴重でした。

[ 2015-12-20 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談